ホーム  |  Poker game   |  Everest Casino  |  サイトマップ | ブックメーカー日本語


インペリアルカジノ
ジパングカジノ
ウィリアムヒル
インターカジノ
ラドブロークス



オンラインカジノでよくある間違い

オンラインカジノは、パチンコや競馬などの一般的なギャンブルと違って、独自のルールやしきたりがあります。

初心者がオンラインカジノでよく犯しがちな間違いについて、簡単にまとめてみました。

間違い その1 - 一つのカジノで複数のアカウントを登録してしまう

非常に多いミスです。ほとんどすべてのオンラインカジノは、同一人物が複数のアカウントを登録することを禁止しています。同一人物でなくても、一つの世帯、または同じPCからも、複数アカウントを登録することは避けてください。

同一IPアドレスであれば、同一世帯、同一PCと判断されます。もし意図的に複数アカウントを開いて初回ボーナスを何度ももらった場合、すべての関連アカウントが閉鎖され、残金に手をつけられなくなることもあります。

間違い その2 - ボーナス条件をクリアしてすぐに引き出してしまう

「ボーナス条件」についてはボーナスとはのページを参考にしてください。ボーナス条件をクリアした瞬間に嬉しくなってすぐに引き出すようなことを続けると、「この人はボーナス目当てでギャンブルが目的ではない」と判断されてしまいます。そして、ボーナス乱用者と認定されてしまう恐れがあります。

常に条件+アルファを賭けてから引き出すようにしてください。最低でも条件の1割増し、余裕があれば3割増し程度は賭けるようにするのが安全です。ボーナス乱用者と認定されると、以後ボーナスがもらえなくなるばかりか、最悪の場合アカウントが閉鎖されます。

間違い その3 - 他人名義のクレジットカードを使ってしまう

家族や配偶者の名義のクレジットカードを使うのはやめましょう。アカウントを開設するときに登録した名前と、使用するクレジットカードの名義が違う場合、引き出しのときにトラブルになる可能性があります。

間違い その4 - 大手のソフトのカジノだからと無条件に信用してしまう

非常によくある間違いです。マイクロゲーミングでさえも、過去に悪質と判断せざるを得ないようなカジノがありました。プレイテックは大手ソフトと言えますが、付き合いが難しいカジノも沢山あります。

クリプトロジックは普通は大丈夫ですが、ボスメディアはサポートに問題のあるカジノがいくつかあります。

間違い その5 - マーチンゲールで必ず儲かると勘違いしてしまう

初心者にありがちな間違いです。カジノにはかならずベットの上限額が設定されているので、上限が$500だったとしても、$1、$2、$4、$8、$16、$32、$64、$128、$256で9連敗で後がなくなってしまいます。

9連敗なんてありえないと思いますか?確率的に起こる可能性のあることは必ず起きます。

間違い その6 - 何も記録をとらずに遊び続けてしまう

最低でも、カジノ名、入金日、入金額、ボーナス受領額、引き出し日、引き出し額はきちんと記録しておきましょう。

記録がないと、引き出しがされていなくても気がつきません。

それに、ある程度は損益を把握しておかないと、万が一ズルズルと負けたときも自覚がないままになってしまいます。

間違い その7 - 条件を読まずにプレーしてしまう

あらゆるオンラインカジノには、そのカジノ特有の条件(Terms and Conditions)が設定されています。

アカウントを開設する際にその条件にすべて合意したことになってしまっていますので、主要部分はかならずチェックしてください。

特にボーナス条件は変更されることが多いので、注意が必要です。「こんな条件ならボーナスもらうんじゃなかった」と後悔してもあとのまつりです。

後から気がつくことが多い条件には、「一週間あたりの引き出し限度額は$4,000とする」とか、「ボーナスは受領後一週間以内に条件をクリアしないと没収する」とか、「アカウント開設後一週間以内に初回ボーナスを申請しないとボーナスを受け取る権利はなくなる」といったものがあります。

間違い その8 - 詳細を書かずにサポートに連絡してしまう

オンラインカジノのサポートにメールをする際は、必ずそのカジノに登録したメールアドレスから送るようにしましょう。

更に、自分のフルネーム、アカウント番号は明記してください。引き出しに関する問い合わせの場合は、引き出しをした日、金額、できれば参照番号も書いてください。

こういった情報を書かずにサポートに質問しても、無視されるのがオチです。

間違い その9 - Norton Internet Securityが動いている

NortonのInternet Securityが有効になっていると、マイクロゲーミングのViperやクリプトロジックの最新ソフトはうまく動かないことがあります。カジノのプレイ中はかならずこういうセキュリティソフトを一時的に無効にしましょう。

また、Windows XP標準のファイヤウォールも、もし有効になっていると、カジノのソフトの邪魔をしますので、これも無効にしておいてください。「スタートボタン」 ⇒ 「ネットワーク接続」 ⇒ 該当する接続を右クリックして「プロパティ」 ⇒ 「詳細設定」タブ ⇒ 「インターネット接続ファイヤウォール」のチェックを外す、でうまくいきます。なお、これは管理者権限以外でPCにログインしているとできないので、必ず管理者権限でログインしてください。

間違い その10 - 入力事項を全角で入力してしまう

実はこれが結構多いことに気がつきました。

Taro Yamadaと、Taro Yamadaの違いが分かりますでしょうか。前者は全角、後者は半角です。同様に、1−2−3は全角、1-2-3は半角です。

住所や名前を入力する際、全角文字は絶対に使わないでください。かならず、半角の英数字で入力してください。

全角と半角の入力モードの切り替えは、「英数」キーではなく、「Alt」+「漢字」を押します。

間違い その11 - 添付書類をlzhにしてしまう

カジノから身分証明書類を送れといわれると、普通ファックスするか、またはスキャンかデジカメで撮影してメールに添付して送ります。

スキャンやデジカメの場合、jpgやbmp形式のファイルを送ることになりますが、このときにファイルサイズを小さくしようとしてlzh (lha)形式で圧縮して送ってしまう人がたまにいます。

lzhは日本以外ではほとんど使われていないようで、こういう形式だとカジノ側は開けることができません。ですので、圧縮するにしてもzipで圧縮してください。

ただ圧縮ファイルは、受け取った側で解凍するときにどこかにいってしまったりするので、できれば圧縮せずにそのまま送るのがいいでしょう。

ただ、bmp形式だけはファイルサイズが大きすぎるので、これはjpg形式で保存しなおしてから送ったほうが親切です。

 

 




オンラインカジノでよくある間違い 日本語 オンラインカジノ日本語 初心者 攻略 かつ

 
All Rights Reserved 2006

williamhillcasino.com